結婚するために必要な年収とは?

結婚するために必要な年収とは?どのくらいの給料か?

結婚する前に気になるのが相手の年収・給料であるという方は結構多いのではないでしょうか?男性の場合ですとあまり気にしない人もいるみたいですが、女性はそのような面においては非常にシビアになっている場合が結構あると言われています。今回は結婚相手を考えた時の収入から自分自身が一家の大黒柱として働く場合において必要な給与・賞与(ボーナス)まで詳しく解説していきたいと思います。

 

フリーター・ニートでも結婚はできるのか?

 

彼氏・彼女と結婚することを考えた時に単に片方の収入レベルを見るのは無意味です。例えば無職で収入ゼロの女性と年収600万円の男性がパートナーになるケースと妻になる人が年収400万、夫になる方が年収400万では後者の方が豊かなスタートを切ることができる可能性は単純に計算してみても分かります。一見すると年収600万円と言えばそれなりに稼いでいるイメージがあるのですが、一馬力で行くのか?二馬力で行くのか?によって大きく経済力が異なる可能性がある点は覚えておきたいところではあります。そのように考えた時にフリーター・ニートなど定職に就いていなくても、相手の女性・男性が高収入であれば問題は無いですし、逆に平均的な給料の男性を持っている安定感があるような男性の場合でも普通レベルであれば女性もパートなどで外で働きに出たり、内職をする必要が出ることは十分に考えられるという点については知っておきたい!

 

結婚するために必要な年収を知りたいのであればまず相手は夫婦になった後に労働をする気はあるのか?などについて確認しておく必要があるのではないでしょうか?

 

ぶっちゃけ年収300万あれば何とかなる?

 

ヤフー知恵袋や教えて!gooなどのQ&Aを見ていると収入に不安を感じている内容の投稿をよく目にします。例えば夫が高級車に乗ろうとしている。マイホーム購入でローン3500万円払える自信が無いなど。

 

結婚と言えば一戸建てかマンションを購入して、子供を作って、マイカーは1台か2台は所有するなど理想を掲げる人が多いのですが、一度プライドや見栄を捨てることをおすすめします。別に不動産や車を所有しなくても生きて行けますので、不安や難しいと思うのであれば辞めてみることも決断の1つなのではないでしょうか?どうしても必要なものは何か?についてもう一度真剣に考えてみることが大切になると思います。そう考えるとぶっちゃけ都心に住まなければ年収300万円の男性がアルバイトの年収100万円の女性と夫婦になっても十分に楽しく生活することはできると思います。もちろん、毎日のように豪華なレストランに行くことや豪邸に住むことは出来ないとは思いますが、そんな年収1000万とか2000万なくても大丈夫だと思いますよ!

 

実際に20代前半~後半くらいだと400万円を突破している男性の方が少ないはずです。