貯金は婚活で大切なの?

貯金があると婚活でモテる?本当に大切なのか?

お金を節約する!最近の若者においては札束を使うことに消極的になっているように思われます。というか・・・昔のバブル世代の2015年時点においては40代後半~50代、60代の方と比較すると見栄やプライドに拘る人が少なくのかもしれないですね。昔は女性とデートする時に男性が支払うのが当たり前の世界でしたからね。逆にそれをしないと器が小さいとか言われますからね。よくよく考えると大変な世界だったのかな~と思います。しかし、最近の20代カップルの状況をリサーチすると結構な確率で割り勘派はいるので、男性が無理しなくても良くなっているように思われます。本当に楽な世界になりましたね~。さて、今回は貯金は婚活で大切なのか?貯蓄があるとモテるのか?などについて徹底的に検証していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

 

貯金額=堅実度のパラメーター?

 

特に男性は交際してる女性の預金通帳に興味はないみたいですが、レディーの方は知りたくてしょうがない人が多いみたいですね。中には彼氏が外出中や寝ている時にコッソリとどのくらい貯め込んでいるのか?チェックする人も少なくはないと思われます。あるハゲで笑いを取っているイケメン芸人の中でもそのような体験談を話していましたので、特に結婚適齢期であれば覗いてみたくなるというのが本心ではないか?と思います。

 

実際に高収入でも金使いが荒いような人は避けたいと考える安定志向の女性は多いと思います。例えば大企業に勤めるエリートであってもギャンブルで浪費が激しいのは確かにリスキーですからね。そのような判断は必要なのかもしれないですね。堅実度のパラメーターと考えてもいいのかもしれない。

 

また、貯金が必要な理由でこれからの新婚生活スタート!というのもありますし、子供が出来た時に高校・大学と出費が増える前にどうにかしたい!という思いも確かにあると思いますが、まず第一に結婚式を盛大にしたいとか、その編についても関わってくるみたいですね。

 

貯金1000万円以上は高評価?

 

婚活・お見合いパーティーなどにおいて魅力的と判断されやすいのが貯金1000万円以上ですね。これが1つの基準になるのは間違えないでしょう。

 

まあ、職種や年齢によっては500万円程度でも十分に満足ということもあるでしょう。例えば25歳、26歳、27歳と社会人経験が浅い段階でそれだけ保有しているのは凄いですよね?

 

最低、30代以上で貯金を婚活でアピールするなら300万~400万円くらいは欲しいですね。31歳、35歳、40歳、44歳、48歳くらいであれば十分に可能な額だと思いますので、それほど難しくはないでしょう。

 

稀に貯金なし!で結婚してからビックリということもありますので、最近では探偵事務所で結婚前調査を依頼して彼氏・彼女の資産を調べる人もいるみたいですけどね。噂では。